課題と解決
活用例

ローンや月額料金などの支払い、レンタルビデオなどの返却が滞った場合、督促状の送付に合わせて顧客に電話を一本入れることにより、返済・返却が促進されることが知られています。しかし、事業規模によっては督促業務の拡大でコールセンターなどの人件費がかさみ、本来あるべき収益を圧迫してしまうことがあります。
MediaVoiceを導入すれば、IVR機能を応用して、滞納者への督促電話を自動化することができ、人件費の削減と収益の向上・安定化を図れます。また、プッシュ操作による質疑応答が可能なので、返済・返却の可/不可、希望日、方法などの約束を取り付けることもできます。