課題と解決
活用例

倉庫や物流センターで出荷準備が完了すると、待機中のトラックドライバーに電話で連絡を取り、積み込みを行う倉庫やプラットフォームの番号を伝えて、集荷が可能かどうかを確認します。このような電話でのガイダンスには時間と人手がかかるため、事務・管理業務を煩雑化させ、支障をきたすケースが多く見られます。
MediaVoiceなら、IVR機能を応用して待機ドライバーへのガイダンスを自動化できます。オペレータの作業は、発信ツール画面にドライバーの携帯電話番号と倉庫のプラットフォーム番号を入力してボタンを押すだけ。自動音声応答システムが待機ドライバーに必要な情報を伝え、ドライバーはプッシュボタンで回答し、その結果が発信ツールに表示されるので、電話でのやりとりにかかる人手と時間を大幅に削減できます。